雑記 第50話:眠い
2008 / 12 / 11 ( Thu )
おはよーございます、Dです。


ここンとこ毎日毎日クソ眠くてクソ寝てます。
あれ?ちょっと表現が下品?かも??


まあ、下品なのは今に始まった事ではないのでどうでもいいのですが、
1日10時間寝ても眠いというのは由々しき問題だと感じております。


不思議な事に、この私の身体は全く寝なくても元気な時期と
1日中眠い時期が交互にやってくるという極端なバイオリズムに則ってしまっているのです。
ここ数日、不幸な事に眠くなるバイオリズムがピークとなってしまいました。


「だからなーに?」と言われても、今の時期の場合は
「うるせー!わかんねーけどとにかくねみーんだよォォォ!」としか言い様がなく、
あの眠らずに廃人ができた日々を懐かしく思う意外何もできません。


そのお陰で、出社時のバスの中で寝てしまって
気付いたらまた同じバス停に戻ってきていたり、
仕事中トイレで5分寝るつもりが30分寝ていたり、
はっきり言って怠慢社員以外の何者でもなくなってきました。
その所為で家で仕事をする羽目になっちまっています。


だからすいません、全国3人くらいの「Dの人」ファンさま(両親とボク)、
ブログの更新が相当怠慢になる事をお許しください。
眠くならないバイオリズムが到来した際には挽回する所存でございます。




















追記にやってきてふと思ったのですが、
FC2ブログ様って凄く親切ですよね。


無料でブログを提供してる事もすごいですけど、
更には記事を書くネタがなくなってしまった人達の為に
「トラックバックテーマ」なんて作ってくれてるんですよ。


確か最近のは…、

・「カレーの隠し味、何入れる?
・「あなたの周りに双子はいますか?
・「腕時計をしますか?

なんかがありますね。


ふむふむ…。
当たり障りのないテーマにして荒れるのを防いでいるような気配さえします。
(何も考えてないだけかも?)
素晴らしい…。


で、その記事に対してトラックバックすれば、もう1話分ですよ。
これで無事更新ができる訳です。
素晴らしい…。


ただ、FC2さんよ…忘れちゃいないかい…?
あんまり記事を無駄に書かれるとサーバー容量とかに問題が出ちまうんでないかって事を…。
そら1人がトラックバックするくらいなら大した容量にはなりませんさね。
だけど、毎回何百人もトラックバックしてるみたいだし、
頻繁にトラックバックテーマを作ってるみたいだし、
自分で自分の首を締めてるんじゃないんスかぁ~?
突然有料制になったらイヤっすよ~?


うん、余計な心配でしたね。
そして、ボクもトラックバックテーマに助けられましたね。
トラックバックテーマ自体を使った訳ではありませんけどね。
まあいいや、ホントそんな事はどうでもいいですし。
それより眠い…。


…。


いやっほーう。
今宵はmidiを作ろう。


寝なければ。


おやすみなさい。
23 : 59 : 59 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<DTM 第11話:【midi】悪魔城ドラキュラより「IRON-BLUE INTENTION」 | ホーム | 雑記 第49話:眠り○>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tanideiutofuka.blog64.fc2.com/tb.php/84-10077cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |