雑記 第7話:魔法の粉
2008 / 09 / 26 ( Fri )
こんばんは、Raynoxです。


今日の日記は魔法の粉について書きます。
そう、それは私を幼少の頃から魅了し続けている粉…。
きっと皆さまもあの粉を前にしたら平伏すと思います。


さて、「粉粉うるさいなー一体何だよー!?」と思われたところで、
粉の正体をお教えします!
ふふ…実はこの粉、食べられる粉なんです…ふふ…。


それはハッピーパウダーだー!!


ハッピーターンについてる粉だーッ!
う゛ま゛ずぎる゛うぅうぅぅううーー。
止まりませーん><


あ、いえ、粉だけ食べてる訳じゃなくてですね?
ハッピーターンが美味しいんです…。
でも、粉に中毒性がありすぎるんです…。
食べ終わった後指を舐めまくっちゃうくらいなんです…。


今日はそんな魅惑のテンプテーションパウダーについて思考を巡らせます。


ふふ、作ってやろーじゃありませんか…!




















でも、よく考えてみたら週末ですし食材が家にありませんでした。
冷蔵庫空っぽ…。
自分の夕飯の分になる食材すら危うかったのを忘れていました。
ダメだー(笑)


ですので、今日作るのは無理だとしても、明日…!明日なら…ッ!!と思い、
まずはハッピーターンの原材料から
パウダー作成に必要な成分を抽出する事にしました。


ここで解明できれば明日は買いに行くだけですからね…!


そうと決まれば早速原材料に何が含まれているか調べます。
見ましたるはハッピーターンの袋の裏…。


ありましたありました。
これがハッピーターンの原材料ですね。


①米(うるち米、もち米)
②植物油脂
③でん粉
④砂糖
⑤たんぱく加水分解物(大豆を含む)
⑥食塩
⑦デキストリン
⑧調味料(アミノ酸)
⑨植物レシチン(大豆由来)


しかし、このままではせんべいの原材料も入ってしまっているっぽいです。
恐らく、①~③はせんべい側でしょう…!
こういう時は一気に関係ないものを切り捨てていく必要があります!
ですので、残りの④~⑨の原材料を用いてハッピーパウダーを作ろうと思います。


続いて、聞いた事がない原材料達の正体を暴きます。


④砂糖                   → 砂糖
⑤たんぱく加水分解物(大豆を含む)  → アミノ酸混合物 → 大豆スープとかの粉で代用?
⑥食塩                   → 食塩
⑦デキストリン                → 多糖類      → 砂糖で十分
⑧調味料(アミノ酸)            → 多分味の素   → 味の素!
⑨植物レシチン(大豆由来)       → 乳化剤     → 何故使うか不明なので除外!


ただ、ここで問題となりうるのはそれらの配合と
⑤のアミノ酸化合物が何モノかという事…。


そこでもう1回ハッピーターンを口にしてみますと…。
ほのかにうまい棒のコーンポタージュ味のような風味が!?あるような!??
なるほど…大豆ではなく、とうもろこしが決め手だったのか…!


なるほどなるほど、決定です。
⑤の代用に粉末のコーンスープを入れてみます。


あとは配合ですね。
明日の実験が楽しみです。


できたら友人達に毒味させるしかありませんね…!


おや?
こんな時間に誰だろう?
ちょっと見に行ってきます。


おやすみなさい。
23 : 59 : 59 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雑記 第8話:あれれ? | ホーム | 雑記 第6話:1100円>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tanideiutofuka.blog64.fc2.com/tb.php/8-f94c9b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |