スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
雑記 第448話:言霊
2010 / 06 / 22 ( Tue )
こんばんは、Dです。


今日は「言霊」について書きます。


まず前提として、wiki様には、

言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。
言魂とも書く。

声に出した言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、
良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。
そのため、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。
今日にも残る結婚式などでの忌み言葉も言霊の思想に基づくものである。
日本は言魂の力によって幸せがもたらされる国「言霊の幸ふ国」とされた。
(参照)

とあります。


そこで皆さんに質問。
皆さんは「言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与える」という考え方について
考えをめぐらせた事はありますか?


普通に考えたらそりゃそうだろーって思えるんだけど、皆はどう思った?
マスコミに踊らされる視聴者なんていい例じゃない?
色んな考えの人がいていいと思うけど、私は言葉って重いものだと思ってる。
まあ少なくとも言葉には影響力がありますよって事ね。


しかーし!
これ、言う方はいいよね。
好きな事言ってりゃいいんだから。


問題は聞く方だよ。
聞かされた方。


楽しい内容なら楽しい気分に、悲しい内容なら悲しい気分に、
他にも色々な感情を話し手に御される事になるよね。
わあこわい。


という事は、だよ?
それを逆手に取ってブログを上手く使えば
読者様をマインドコントロールできるんじゃないか…!?


Ω Ω Ω <な、なんだってー!?


じゃあやろう!
今すぐマインドコントロールしてモニターを買ってもらおう!


よく聞け!


私の家のモニターが壊れた!
困ってるのでモニターください。


(これで洗脳は完璧のハズ…!)
23 : 59 : 59 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<雑記 第449話:雨 | ホーム | 雑記 第447話:でやぁ!>>
コメント


モニター壊れたとな、そうかー、それは大変だったねー(棒読み)

アキバに行って蛍光管買って自前で修理というヤボな方法もありますが・・・。


言葉の重みってホント大事ですよね。
普段の日常会話もさながら、
祝詞は言霊のある究極の形であるといっても過言ではないです。

実際、wikiにあるように、祝詞奏上では間違うと怒られちゃいます。
何より神様に対して大変に失礼な行為にあたってしまうので、
祝詞奏上は特に緊張する瞬間でもあります。

詳しいことは語るべきじゃないんですけど、、
祝詞だけじゃなくてお祀りの作法も完璧じゃないと容赦なく怒られるんですよね。


え?何で詳しいかって?それはですね、自分はこれが専門だったりするんですよねぇw
by: 8850使い * 2010/06/24 00:28 * URL [ 編集] | page top↑


言霊
これは永遠のテーマです
言葉ってむずかしいいなぁと思っておりまする。

ただ
言葉だけは相手をコントロールするのはかなり難しいかと。
やはり、はぁとで語らないと。
そう( ゚∀゚)o彡゚
言葉から想いを感じさせるように


Dたま…
モニターの件ですが
想いがまだまだですwww
by: にはぁ * 2010/06/24 00:34 * URL [ 編集] | page top↑


>8850使いさん

わーうれしいー(棒読み)。
液晶は自分で直せる気がしませんね…やっぱ買おう…。

しかしそんな事より!
8850使いさんの職業がすっごい気になります。
なんという神聖なお仕事…。

心の汚れた私ですので、浄化だけはしないでください。
消えてしまいますwwwww


>には

言葉だけでは難しいと思うでしょ。
でもできるよ。
宗教なんかの創立者がいい例だよ…。

ちなみにモニターの件は冗談だからねww
マジメに受け取らないでねwww
by: D-3 * 2010/06/26 02:51 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tanideiutofuka.blog64.fc2.com/tb.php/650-8a114ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。