雑記 第384話:わふふ
2010 / 03 / 30 ( Tue )
こんばんはーDでーす。


さっきまで今日の記事に何を書くか覚えてたのに
編集画面開いたら忘れたー!


という訳で、今日も今日とてドラクエの職業でいうと魔法使いになりたいボクです。
どうもどうも。


何故ボクが魔法使いになりたいかというと、
どーせ30歳まで童貞だしぃ…の類ではなく(それは色んな意味でムリ)、
ただ単にできない事ができたらいいなーという欲望に尽きます。


じゃあ実際魔法使いになったら何すんのー?というところではありますが、
多分それはちょっと空飛んですぐ飽きると思います。
案外疲れンなーコレ、とか言って。
倒すべき悪もいないし。


そうそう、しかもさ、
ホントあの「レベル」っつーシステムは意味がわからんね!


レベルが上がった拍子に「力が3上がった」って何よ?
あがんねーよ!
かよわいんだよ!!!私は!!!!





ちがった。
そうじゃなくて、急にマッスルになるワケねーじゃんって事だよ!
HPとかだって人間である以上生まれ持ったHPがズンズン上がってく事なんてないよ!


レベル1の時HPが10くらいで、最終決戦の時にはHPが500くらいになっとるなんて変じゃん!
どうやったら生命力が50倍になんのさ。
なれる方法があるのなら私もなりたい!!!!!


まあそんな事は誰もが思ってる事だろうからもう書かないけど、
それより問題なのはあのスライムってヤツ。
可愛い顔してるのに人に襲い掛かってくる。


驚くべき事にその恐ろしさに気付いてなかった。
そうだよ、アイツは人を襲うんだよ…。


しかもだぜ?
刀とか鎧とかで武装してやっと倒せるレベル。
めちゃんこ強い。


多分うちらが素手でワーワー言いながら叩いたところで勝てない。
大ガラスなんて頭蓋骨の上に乗ってるし怖すぎるだろ。
次はお前の頭を足場にしてやるぜー!みたいな?
怖すぎるだろ。


あと、ボストロールでかすぎ。
持ってる棍棒って樹齢1000年の杉とかで作ってるだろ。
あんなので叩かれたらどうかなっちゃうよ。
絶対友達になれないタイプ。


ただ、その一方で私の腹はボストロールの仲間になりつつあるんですけど。
23 : 59 : 59 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雑記 第385話:おつなのだ | ホーム | 雑記 第383話:ید ویندوز>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tanideiutofuka.blog64.fc2.com/tb.php/566-c93c74d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |