雑記 第241話:しごとちゅーにつき
2009 / 10 / 23 ( Fri )
こんばんは、Dです。


おい、ゾーリンゲンて何だ!?
ナンなんだ!?


もうね、今日の昼間にそれを思ってから
今までずっとヤツの正体について考えてる。


そりゃ仕事中に検索できないでしょうよ。
そりゃ家に帰ってからも仕事してりゃ検索できないでしょうよ。


ブログ書く時間もねぇよ。


で、ゾーリンゲンって何?
象人間の仲間??


と、思ったんだけど、これ地名なのね…。
ウィキ様に書いてあった…。


こんなツマラン事に半日以上悩んでいたのが本当に悔しいです。
悔しいです!!!!


何で前半にこんな話をしたかというと、後半が攻撃的だから。


先に和んでおいて。
こんなんじゃ和めないと思うけど。




















さて、世に蔓延る男性諸君。
そして女性諸君もこんばんは。


若干攻撃的になる予定の追記だよ。


今日、会社の結婚した同僚(男性)がこんな事言ってました。


男は女の器量と性格に幻想を持つ代わりに、
女は男の度量と財産に幻想を持つ。



と。


ふむふむ、なんとなくそのイメージはわかるぞ!
大筋で納得した。


でも、何でいきなり私にこんな事を言うんだろう?
素で疑問に思い、彼にその理由を尋ねる事にしました。


すると、彼はため息をつきながら嘆き始めたんだ…。


「結婚しても子供が生まれるまでは一緒に働いて資産を作ろうと嫁さんから言ってきたのに
なんか気付いたら専業主婦になってたんだけど、これは一体…?」と。


何それ可哀想!
約束したのにそれなんだ!?


「はは…気付いたら仕事止めてたよ…。」


!??


そんな彼が出した結論、それが上の赤字なんだってさ。
ちなみに彼の両親は大金持ちだ。
マンション3つも持ってるって前に自慢してたものな…。


でもちょっと奥さんwwwwww
あんたそりゃないでしょうよwwwwwwww
約束はどーしたの?wwwwwww


そして彼は続けた…。


「しかも嫁さん、仕事止めただけじゃなくて、
俺の両親に俺を心から助けるためには専業しかない。
そうなるとお金が足りない。だから仕送りしろ。
って言ったみたいなんだ…昨日母から言われた…。」


!??


だから、ボク言っちゃったんだ。


「それ結婚する相手ミスったんじゃないのー?wwwwwwwwwwww」


って。


はは…彼笑ってたよ…。
(目は笑ってなかったケド)


その後、彼が愚痴の続きを話したいなんていうから
夜一緒にご飯を食べに行ったんだけど、
そこで今の奥さんとは愛がなくなったから離婚するという旨を告げられ、
さらには離婚したら私と付き合いたいという話がでました。


ココまで話したのはお前だから。
お前なら俺の苦しみをわかってくれる。
サバサバした性格が好き。
なんだとさ。










という話はウソなんですけどね。


ねえ、ビビった?
皆のDさんが取られちゃうと思った??


わははwwwwwwwwww
騙されたようだなwwwwwwwwwwwwwww
ざまぁだしwwwwwwwwwwwwwwwww


ただ、その話自体は本当の話らしく、
彼のお話をじーーーーーーっくり聞かせてもらいました。
ホント可哀想なんだもん。


人ってお金があるってわかると変わるのかな…。
怖いね…。


んで、そういう話を聞いて感化された私も色々考える事にしました。


彼のケースは、彼の話が真実だとすればどー考えても奥さんが全部悪いんだけど、
いや、悪いっつーか無神経っつーか金の亡者っつーか、
自分だけ楽しようってのが見え見えっつーか…ってそういう話を考えるんじゃなくて、
私が考えたのはもっと別の事…。


うーん、なんて言えばいいんだろう。


そうだなー、簡単に言うと、
「私が抱く結婚の価値観」的な事を考えてみた。
(彼のような親が金持ちなんてケース、私には縁がないからね)


そうそう。
これから書く事は反論してくれてもいいけど、
私の勝手な考えだから押し付けないし、
逆を言えば押し付けられたくないんでそこんトコだけはよろしく!


まずね、昨今の男女の関係を鑑みてみますに、
女性に対する男性の態度の一例として
「草食系男子」なるものが存在していると思います。


彼の姿を見てたら真っ先にコレを連想しちゃった。
奥さんと話し合いも出来てないみたいだし弱弱しすぎ。


ただこの言葉、単に男が弱くなって女が強くなったって読み取る事もできるけど、
今日の私はこう深読みしたんだ。


ちょっと読んでみて。


過去、私達の親の世代は確かに父親が一家を養ってきた家庭が多いと思う。
しかし、今の不景気の時代にそれは可能なのだろうか?
年収200万、300万の人もいる中、手取りを考えたら子供は作れても
その子供を高校、大学へ行かせるなんて無理じゃないだろうか?
給料だって上がる保障なんてないのだから。


しかし、世の中の男性の多くは父親一人で家族を養う姿を見てきている。
自分にそれができるのか…そう考えない男性はいないのではないだろうか。


それが男性へのプレッシャーとなり、
将来に自信を持てない男性の増加を生んでいるような気がする。
また、逆にそのプレッシャーのない女性が社会に進出し、自信をつけている。


こういった社会現象が「草食系男子」という言葉を生んでるんじゃないのかね?


立場が逆転したんじゃない。
男性と女性の社会的な立ち位置が近しくなってきたダケ。
そういう事。


問題なのはその原因を考えない男性にも女性にもあるんだけど、
やはり、私が思うのは「家族を養う」なんて言葉はもう死んだ言葉だって事。
死語なんだよ、こんなもの。


誰か同じような事考えてる人いないかな?
いないよね、こんな特異な意見。


でも、検索してたら見つかった!
同志がいた!


ソースは2ch。


見てみ、コレ。


【草食男子が増えた原因を理解できない女達】
バブルの頃に女達は自分の価値を過大評価し過ぎて実態の無い価値を生み出して敷居を高くした。
恋愛の新規参入を行い難くした事で男達の間では恋愛は衰退した。

新規参入が減れば「なにが良いんだ?あんなもの?」と価値を感じない者が増えるのは当たり前の事。
ましてや恋愛は、中高生の時点で経験しなければその後は利害関係でしか恋愛しなくなる。
男達は社会に出て働いて仕事を覚える迄は恋愛に感ける暇など無いのが実情だろう。
男達が純粋に恋愛に没頭出来る期間は僅か4年間「中1~中2と高1~高2」だけです。
(文系に進学しても更に二回生迄の2年間を追加しても合計6年間)

社会に出て数年経って経済的に余裕が出る頃の男達は「女に労力と金を費やしても良い結果は出ない」という事に気付く。
既にその頃には性欲も減退する頃なので「恋愛にも結婚にもメリットを感じなくなる」
なのに女達は社会人の恋愛では更にハードルを上げたのである。

女達は男達が恋愛にメリットを感じなくなっても「○○しないやつは馬鹿」とか言い出して男達を煽って詰って貶す事しか出来ない。
男達を見下して選民思想でいる自分達のナルシスト振りで自分で慰め始める始末だ。
それを見て「馬鹿らしい」と感じた男達が更に女達から逃げ出していく。(これはサイレントクレーマーの挙動と同じ原理)
恋愛は良いという事を中高生の男達(特にモテない方の男達)に徹底的に仕込まなければ女の需要価値はもう上がらない。
数的に一番多い底辺層や一般層の求める意識が高くなければ恋愛も結婚も衰退するだけ。

結果、女達に失望して自分から狩りをする事をやめた「草食男子」達の誕生である。

人は思春期に影響を受けたものに長く影響される。
中高生の時代に恋愛の影響を受けない男が増えれば恋愛をしない男性達が増えるのは当然の結果だ。
だけど女は「周りの女に自慢できる男」にしか目が行かないので一部の恋愛強者の男と恋愛部外者の男だけを
作りだした結果、恋愛からあぶれる者が激増した結果が現在の男女関係の基本構造だ。

女達は自省が出来ないマスコミ同様「なぜ男が恋愛に消極的なのか」を全く理解すらしない様だ。
女バブルの終了時代到来だけど、当事者には許せないんだろうね。


私が書こうとしてる「結婚の価値観」からはちょっとズレてるし、
モロ男の発言って感じだけど、一理ある。


そして、私は2chに屈してしまった(気になった)。


で、結局のところ何が言いたいかっつーと、
子供を生む辛さ、大変さは女性しかわからない事だから、
そこは女性に任せるしかないけど、
その後の育児を含めた「家族」としての潤いある生活を送る為には
男性の家事への介入、女性の労働への介入、
これは外せないんじゃないかな?


とりあえず、私は働くつもり。


ははは。
疲れたからコレで終わろう。


お見苦しい日記、サーセンっした~。


あ、そうそう。
くれぐれも私の考えにあまり左右されないようにね。
そんな自分を持ってない人なんていないと思うけど。
23 : 59 : 59 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
<<雑記 第242話:ここ最近のロットのアマゾニアⅠときたら… | ホーム | 雑記 第240話:!?>>
コメント


1 男達が純粋に恋愛に没頭出来る期間は僅か4年間「中1~中2と高1~高2」だけ
2 恋愛は、中高生の時点で経験しなければその後は利害関係でしか恋愛しなくなる
3 恋愛は良いという事を中高生の男達(特にモテない方の男達)に徹底的に仕込まなければ女の需要価値はもう上がらない

猛烈に合致する件についてorz
更に3には二次元への興味とかが加わって更にうあああ;
2次元に慣れてどうしても3次元へ興味が湧かなくなったりしてしまう人も居るんじゃないかなー? とか思ったりしました、そしてもう半分を2次元で使ってしまっている自分・・・
これが少子化かorz
by: Uma * 2009/10/24 08:57 * URL [ 編集] | page top↑


ぐらっぐらぐら~
んにゃ?地震か?
おおー、信念が揺れてる音~ ^@ο@^
なーんてなっ。

なるほど。お互いの協力が絶対に大切よねっ。一緒に【暮らす】んだから。
子どもが生まれたら、ある程度手が離れるまでは専業主婦でもいいと思うけど、
そうなると再就職が難しい。
人の手をかりながらキャリアも磨くという形での子育てが当然の時代なのかも知れませんニャね。
もっともそれは女性がそれなりの能力があったらの話かニャ。

こういう問題はネコには難しいニャ。
だって私、何にも出来ないんだもん。えーん。
なんて甘える女性は、草食系男子たちのひずめで踏まれそう(笑)
いてててっ←もう踏まれた
by: えめる * 2009/10/24 09:16 * URL [ 編集] | page top↑
D姉さん

気持ちはわかるけど、2chなんかに屈しちゃあ、らめーっ。

この文章、*二病っぽい受験生の愚痴だから、ちょっと胸に手を当てて落ち着いてー。
さあ、現役中高生は愚痴ったら、すぐに勉強する作業に戻るんだ!
そして数少ない人生のチャンスを生かす日を夢見るんだあ!

おじさんの喝でした。
by: krn1962 * 2009/10/24 12:19 * URL [ 編集] | page top↑


俺も少々は同意派ですな~。
禿同まではいかずともw

って言うか、専業主婦できるぐらい金持ちと一緒になったとしても
家事育児だけの為に家にいる生活なんか今更出来ないですね!
1週間で狂う自信がある。だって両方苦手なんだもんw

逆に完璧に専業主婦できる人ってスゲーと思います。尊敬するです。

利害関係も大事カモですが・・・最後は愛だろ、愛!wwwwwww
by: 真孤斗 * 2009/10/25 17:15 * URL [ 編集] | page top↑


お互いの歩みよりは大切ですね。
ただ社会進出してきたといわれる女性も、それなりの能力が無いと
会社として価値が無いですし難しい面も。
ただ、そうなってくるとその女性の立場も結構上の人になり
仕事の量や責任が重くなる。
そうなってくると仕事を優先してしまう場面が往々にしてある。
そういうときにどうやってお互いを分担するか。
難しい問題ですね。
子供がいなければやりやすいかもしれませんが、いる場合はお互いが抜けられない状況下になる場合もある。
環境とお互いの理解がないと難しいかな。
男性に強みがある事柄、女性に強みがある事柄。
どうしてもそういう部分ではお互い頼ってしまうところがあると思うし、向き不向きもあると思う。
ちょっとでもいいから二人とも働ければ一番いいんだと思います。
どっちかが倒れても大丈夫だし。
そうね、私は・・・子供がいる場合は3歳くらいまでは側にちゃんといてあげたい。
働かずに。
と思います。預けられるのは寂しかった思い出ありますし。
意外と覚えてますからね、そういうのって。
by: 日下ヒカル * 2009/10/25 18:44 * URL [ 編集] | page top↑


>Umaさん

猛烈に合致しちゃいましたか!
そしたらもっと3次元に興味持たなきゃダメ!
恋愛いいですよー!恋愛!!

キュンキュンしちゃうよー!
あの子が気になって気になって夜も寝れないよー!!

私が乳のひとつやふたつ出してもう一度3次元への興味を
復活させたいところではありますが、
どー考えても18禁になるので止めておきます(笑)


>えめるん

ぐらぐらしたらだめだよー(笑)
これ極論すぎるからね!

でも、お互い協力していくのは凄く大事だと思います。
それがどういう形になるかは2人が決めていくこと…。
私は相方(だんなさま?(笑))と家を建てるのが夢なので、
それを早く、かつ負担を小さく達成するために
当分は働くぜーー!と思ってます。

えめるんは自分じゃ何も出来ないなんていうけど、
ホントは色々できちゃうんじゃないのー!?
万能そうなイメージあるんだ…(笑)


>krn1962

と、思うでしょ。
中2病っぽく見えるでしょ…。

でも、本当にそうかな?と胸に手を当てて考えてみました。
でかい胸に。
違うか(笑)

krn1962さんと私、そして私より若い人達で
大分恋愛に対する考え方、接し方が変わってきてるのは事実です。
それはもう違います。
びっくりするくらい違うんですよ。
(今回の日記はあえての極論ですけどね)

また、結婚したあとの生活スタイルだって、
昔のようにやってたんじゃ子供を大学に行かせるのはかなり難しいと思います。
2人以上いたら。

あと、私社会人ですよ…。
中学生じゃない…。


>まこねーちゃん

ようこそ、極論の場に!
ちょっとでも同意して頂けて何よりです。

今回、いろんな意見が出てくるんじゃないかな、と思って
わざと極論を書いています(笑)
ごめんよ、変な人みたいになってるよね、私。

ただ、中途半端に書いても読者様の感情は揺さぶられないでしょ…。
だから、今私が周りから聞いて感じた事、
そして私が考えた事を出来るだけ大げさに書いてみました!!
フヒヒヒヒwww

専業主婦だったら私も狂うと思います。
絶対無理(笑)
あと、愛超大事!
それ禿同!!!wwwwwwwwwww


>ヒカルたん

超まじめに考えてくださったんですね。
ありがとうございます。

ただ、まこねーちゃんのコメントにも書きましたが、
これは私が得た情報をあえて極論にした記事です。
そんなに難しく考えなくても、
将来一緒になる相手の方と考えていけば良い事だと思います。
お互いの得意な事、収入、それは人それぞれですもんね。
性別による役割だってあるはずですし。

ヒカルさんの言うとおり、環境とお互いの理解が大事な部分です。
それなしに自己主張などはしてはいけないと思っています。

頂いたコメントの中で特に気になったのは子供が3歳までは…の部分ですが、
私も子供が小学生になるくらいまでは母親として
そばについていてあげられたらベストだと思います。
私も小さい頃母親が仕事に出る事になって大泣きした記憶がありますしね。

ただ、それもドライな考えをしてしまうと、
収入によりけりかな、と思います。

我が家はその理由から母が働きに出たので。
by: D-3 * 2009/10/26 01:14 * URL [ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2009/10/26 10:28 * [ 編集] | page top↑
お詫びと訂正

お詫びです。ブログの主のDさまに失礼なことを申し上げたかもしれないと反省しています。中学生扱いしてしまったような文章を送ってしまったようです。おそらくは、以下の文を訂正して頂ければ幸いです。

「さあ、現役中高生は愚痴ったら、すぐに勉強する作業に戻るんだ! 」の一文を「さあ、この2chの文を読んだ現役中高生は、すぐに勉強する作業に戻るんだ!(笑) 」に訂正して読み直して頂きたく存じます。

ブログの主様のお心をを深く傷つけてしまったかも知れないと、今日一日仕事も手に着きませんでした。言葉足らずな私をどうかお許しください。
それから、間違えて(動揺していたようです)鍵付きコメントを送ってしまったこともお許しください。

いい年をしたおじさんより。Dさまはじめ皆様へ。
心よりお詫びして訂正させて頂きます(泣)。
またDさまの元気な文章を読ませて頂きたく存じます。今後ともおつきあいのほどよろしくお願いいたします。
by: krn1962 * 2009/10/26 22:53 * URL [ 編集] | page top↑


>krn1962さん

おっしゃってる事、わかりました。
そんな怒ってる訳ではありませんが、
私の書く文章、そんな中学生レベルの文章でした?

中学生扱いしてしまったような 文章を送ってしまったようです。
この文章の意図がわかりません…。

すごく引っかかる書き方じゃないですか…?
by: D-3 * 2009/10/27 03:48 * URL [ 編集] | page top↑
おわびのおわびです

おはようございます。お詫びと訂正のお詫びと訂正です

×「中学生扱いしてしまったような文章を送ってしまったようです。」
○「中学生扱いしていると取られるような文章を送ってしまいました。」

Dさまは、立派な大人の女性だと思っておつきあいさせて頂いていますので、誤解なきようよろしくお願いいたします。

謝るときには、はっきりと言わなければなりませんね>私。どうも私は、人間として隙が多いようです。

Dさまはじめ皆様へ。
心よりお詫びして訂正させて頂きます。恐縮しています。しばらく謹慎したく存じます。

みなさまのご健勝をお祈り申し上げます。
by: krn1962 * 2009/10/27 10:29 * URL [ 編集] | page top↑


>krn1962さん

わかりました。
ただ、私は自分のブログでストレス溜めたくないので
言う事は言わせて貰います。

言葉は残る。
すごく気をつけて書いて欲しいです。

謹慎されるとの事ですが、それはお任せします。
by: D-3 * 2009/10/30 02:45 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tanideiutofuka.blog64.fc2.com/tb.php/400-87ba50ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |