雑記 第32話:温水タイム
2008 / 10 / 28 ( Tue )
こんばんは、Raynoxです。


先日発生した我が家のシャワー冷水事件ですが、
無事復旧致しました。
温水が出るってステキ!


ガス会社の判断によると、原因は料金未払いでも故障でもなく、
ガスの使いっぱなしによる、供給停止(安全機能の働き)だったようです。


あーよかったよかった。


って、アレ!?


何かおかしくない…?
私そんなにガス使ってませんから。
せいぜい毎日のシャワーと食事の時くらいですから。


なのに何でこんな事に…。


あっ!


そっかぁ~。
流木の野郎かぁ…。


確かあの日はカレーを作ろうと思って午後3時からカレーを煮てたんでした。
しかも、夕方の6時くらいからは流木も煮込みタイムに合流し、
午後10時くらいまで煮込んでたんですよねー。
(午後10時にガスが止まったのでここで終了しましたが。)


うん、正味7時間くらいガスつけっぱでしたね。
そりゃ止まるわ。


そっかぁ~そういう事かぁ~。


…。




















という訳で、早速温水シャワーを浴びて参りましたが、
温水ってこんなに気持ちよかったっけ…?
シャワーってこんなに気持ちよかったっけ…?


もうね、お湯が出るってだけで大興奮なんですよ。
シャンプーの泡立ちが凄いんですよ。
髪の毛を乾かした後、髪がガビガビにならないんですよ。
あと、寒くないんですよ。


凄くね?


その昔、シャワーというモノが初めて市場に出てきた時の
一番最初の使用者の気持ちがわかりましたよ。


これは普及するワケですよ。
間違いないね。
だって気持ちイイもん。
だからお前等ん家もシャワーを導入するといいよ。


え、もうある?


凄いじゃん!
こんな近代的で人に幸福な時を与えられるアイテムを持ってるなんて凄いじゃん!
どこのブルジョアさん?
結婚しよっか?
年収3000万くらいある?


え?


あぁ、もう皆持ってたっけか…。
そっかそっか…。


ちょっとボク浮かれすぎてたよ…。
うん…。
そんだけ幸せだったって事なん…わかって…。










ところで、話は変わりますけども、
シャワーといったら水流、水流といったらウォータースライダーですよね。
また、皆さまもご存知の事かとは思いますが、
シャワーというヤツはその形状に起因してなのか、
各々の家庭で水流の強さが大きく異なります。
(ウォータースライダー関係ねぇwwwwwwwwwwww)


私の家にあるシャワー様は比較的水流が強いタイプで、
身体を洗う時には少ない水量で絶大な効果を発揮しますし、
気持ちイイので大変オススメなのですが(水流による水着ポロリ等の理由で)、
問題なのは実家のシャワーです。


うちの実家、ジェットバスが付いてるくらいブルジョアってんのに
シャワーの水流が弱いの。
頭皮への刺激が足りないの。
なんか頭洗った気がしないの。


ホントね、MAXにしてんのに自宅の2/3くらいの威力しかないんですよ。
えー童貞が許されるのって小学生までだよねーキャハハ、なんですよ。
その穴を塞いでやろうか、お嬢さん、って感じなんですよ。


うん、下ネタになってきましたね。
当初の予定通りです。
大体、この私は日々の思考のうち約70%を下ネタに費やしており、
残りの20%がメダカ、10%が今日の夕飯、という仕様です。


となると、ブログに下ネタが出現するのは必然であり、
むしろ今まで下ネタが出なかった事が奇跡に近いといっても過言ではありません。


え?
今、「Raynox最低」とか思いませんでした?


やだやだ、何を仰いますか。
下ネタは18世紀頃の貴族の嗜みでもあったのです。
現世を生きる我々が過去の偉人達の経験を生かし、
下ネタを日常会話の一部として嗜まない訳には参りますまい。
そうする事で過去の事を知り、現代に生かす事ができるというものです。
過去を振り返る事ができない者は先へ進む事などできる筈がないのです。
失敗、成功に関わらず、過去を振り返る事の大切さに気付いてください!


それを思うと、下ネタというのは人とのコミュニケーション手段として
切っても切れない仲だという事が窺えます。
タキシードと身にまとった紳士的なあのご老人も、
コルセットを巻いて腰が超細くなったお嬢さんも、
蝶々の仮面をつけたマダムも、
その全てが「そんな事を言われても困ってしまうよ。」ですとか、
「いやだわ。」などと言いながら下ネタに耳を傾けていたのです。


中学生かお前等wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


いくら金があってやる事がないからって、
お茶会とかで下ネタ談義すんなよwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


って、アレ!?


私の思考回路も中学生って事…?


アレ…?


本格的にさようなら…?
23 : 59 : 59 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<雑記 第33話:いつまで寝れば気が済むのですか? | ホーム | 雑記 第31話:もうダメだ>>
コメント


温水出るようになって、ほんと、良かったですね\(^O^)/
下ネタとテンションの高さがすべてを物語ってると思いました(T▽T)

流木は拾ってくるより買ってきたほうが、結果的には楽だったかも・・・
ですね;;アク抜き剤(活性炭)と水替えで様子見ながら・・・あ、でも、
私はあくまでも「鑑賞係」なので・・・サササッ((-ω-((-ω((-[壁]
by: 蒼ちゃん * 2008/10/29 12:51 * URL [ 編集] | page top↑


>蒼さん

うんうん!
お湯が出るようになってホントによかった…っ!!
下ネタはすいませんw
調子にのりまくりましたーwwwwwwww

流木はお店で買うとアク抜き済みたいですね~。
流木はアク抜きの手間を考えると、
確かに買った方がいいかも、と思いました…。

しっかし、かなり詳しいですねー?!
鑑賞係とは思えませんぜ…?(笑)
by: Raynox * 2008/10/30 00:09 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tanideiutofuka.blog64.fc2.com/tb.php/40-1143faac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |