日記 第107話:MY中毒
2009 / 04 / 13 ( Mon )
こんばんは、Dです。


周期的にやってくる「あれ、今日は結構ブログうまく書けたかも★病」を通り越し、
ネタも気力も枯渇したDさんが今日も日記をお送りします。
実際昨日の日記とかグダグダでしたし。
いやはや、サーセンね、ホントサーセン。


皆さんはそんな私を見て
「ネタも切れ、気力もない今、何故そうまでしてお前はブログを書くのか?」
と思われた事でしょう。


わかったわかった。
思う存分思っていいよ。
でも、ホレ。
折角私を見たんならもっと見ていいよ。
ホレホレ、見なよ。
見なよってば!!


ふぅ…ホントお前等私の事好きすぎだな!!
(集まる視線に快感を感じながら)


さて、ブログというのはホント不思議なモンで、
一度習慣にしてしまうと逆に書かないと落ち着かない体質になってしまうようです。
こうして何とか日々の更新を行っている私がいい例ですよね。
自分はもっといい加減な性格だと思ってたんですが、
どーも結構マメな性格みたい。


つーか、ダイエット系の運動が習慣になればよかったのに。
無理だった。
そもそもやろうとしてなかった。
駄目だった。
腹超ヤバイ。


そんな訳でですね?
例え書く事がなくとも投稿画面を眺めて
「うーん。うーん。」とネタ出しに唸る事は必須なのです。
これを書いている今も「うーん。うーん。」ですよ。
「うーん。うーん。」


想像してみてください。


ちょっとかわいい感じの子がPCの前で一生懸命何かを考えている姿を。
「あ~ん、もうちょっとでネタが出そうだったのにぃ~。」とかわいく呟く私の姿を。


ホーラ、何か助けてあげたい気分になってきちゃった(?)。


ふしぎだねー。
助けてあげてー。


でも気付いて。


「うーん。うーん。」なんて声に出して悩んでるヤツなんていないから。
せいぜい「うー……ん……。」だから。
多分その後「ハァ…。」ってなるから。


実際今なったしね。
今日は実況中継的なブログですよこれ。
今までになかったタイプ。
ニュータイプ(知ったかぶり)。


でも、こういうブログは誰も読まないかもって思っちゃいますよね。
何か意味不明な話をひたすら書いてるだけですし。


ところが、ところがだよ?
私が思うにコレは精神に関わる学問を勉強している人に凄く役立つと思う。


役立つ例)
なるほど…ブログとは中毒性を持ったネットコミュニケーションツールであり、
その者の壊れていく様がこうもありありと記録されているのか…!等の理解。


あれ、でも何か気付いたら結構書いてる。
私普通に天才かも!


でも、本当に天才だったらこんな馬鹿な文章を公に公開しないし、
そもそも親にURLは教えないと思う。




















ういよー^w^
この勢いに身を任せて追記までいっちゃうゾ★


さて、突然ですがボクはお怒りですよ。
今いきなり週末の記憶がフラッシュバックして怒りが頂点に達しましたよ。


昨日の日記かな?私髪切ったっつったじゃん?
近所にできた新しい美容院に行ってきたんですよ。


初めてのトコに行っていつも思うのは、美容院てホント当たり外れが激しいって事。
中がいくら綺麗でも店員の態度次第では二度と行きたくなくなりますね。


カットで3800円取るのはいいよ。
美容院なら妥当妥当。
そーゆー事にしといてやりますよ。


他の安いお店だと2000円でシャンプーとかまでしてくれるトコ*もあるけど、
この際宿命だと思って若造のいい加減なカットに3800円出すよ。
(*:床屋や2000円カット的な店)
そして、カット後首筋に切った毛が入り込む事態を避けるべく
シャンプーにも1500円出すよ。


こっちはカットしたら絶対やらないとダメ。
そのままシャンプーもせずに夜の街に繰り出そうものなら
その途中、うなじやら背中やらを手で掻く事になるでしょう。
チクチクして、痒くて。
そしてそのチクチクは次のシャワーを浴びるまで続くでしょう。
(もういいよ、そうなったら1人でラブホでも入ってシャワー浴びるよ!)


でもね、私は怒ってるのはそんな些細な事じゃないの。
重要な事なの。


これ、話を聞いたら多分誰でも怒るよ。
今まで無意識に施しを受けていたダケなんだよ。


それに気付かせてやろう。
私と一緒に記憶の海へダイブするんだっ。


今、「そんな事を教えてくれるDさんってなんて優しいんだ。」って思いました?
んな事思わなくて結構ですからね。


言葉遣いからもわかる通り、これは親切からではないのですから。
今まで気にならなかった事が私の所為で気になるようになり、
その結果、気持ちの悪い思いをする人が倍増する事が狙いなのです。


ではいきますよ…。


目を瞑って…。
そして私の文章を読みながら記憶を呼び起こすんだ…。


って目ぇ瞑ったら読めんし。
開けてていいし。


…。


頭洗った後の事を思い出して欲しいんです。


まあシャンプーとリンスをして流しますよね。
問題はその後!!


タオルが飛んできて頭をガッシガッシやるじゃないですか。


私が言いたいのはそこ!その工程!!
ガッシガッシやる前、やりながら、後、
どこで行われる工程かは場所によって不明確ですが、
タオル、耳に入れね?


そんで、その後耳垢が思いっきり付着したタオルでもう一回頭拭かね?
拭くよね?


えーちょっと待ってー。
それってちょっと汚くないかなー?
そう思うワケですよ。


そりゃね、耳垢くらい相当頻繁に掃除してますよ、わたしゃ。
でもね、実際毎日掃除してたとしても爪で耳を掻くと少しは耳垢付くでしょ。
そういう耳をね、どうして、頭を拭く工程内で拭かないといけないのか、イミフ、です。


だってシャンプーまでしたのに…またすぐ汚してんじゃん…。
折角綺麗になった頭を…己の手で…。


耳に水が入ってるのはわかるよ、わかってるし、
拭いてもらえるのは確かに気持ちがいいですよ。
拭くか拭かれないかだけで言ったら拭いて欲しいトコですよ。


でもね。
髪も耳も同じモンで拭くなよって言いたいのです…。
3800+1500円も払ってるんだからさ…。
ヘタクソなお前のカットとシャンプーに…だぜ…?


何?つーとアレですか?
「お前の頭は綺麗にしてやったと見せかけてオレがまた汚してやったぜ…フヒヒ…。」
とか、
「あれー?お前頭に鼻クソ?ん?それ耳クソ!?つけてンの?バカじゃん(笑)」
とか思われちゃってる訳?
特に後者のセリフ、それお前の所為だから。


仮に思われてなくて、
自然にやってたとしたらorマニュアル通りの対応だったとしたら、
美容院業界、ユーザーの気持ちを全く考えてないよ。
無頓着すぎ。


ちゃんとお客さまの声を職場にフィードバックしてこうよ!
そんでより良い職場環境とクレームゼロを目指そうよ!!


よし、これで後は美容院関係者がこの記事を見ていれば完璧だ。
すぐさま教科書に記載し、卒業試験か資格試験に毎年入れるんだっ!


さすれば、道は、開かれん。


どっちにしろもうあの美容院には行かんケド。
(そんな事してるから行く美容院がすぐなくなる)
23 : 59 : 59 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<エビ日記 第19話:たまにはエビでも | ホーム | 雑記 第106話:また花見に行ってきました>>
コメント


耳垢・・・・それはひどい!
俺が通ってる床屋は最後に耳拭いてくれるなー
あれ意外と気持ちいいよねw
っていうかしっかりネタあっていい記事になってるしwww

見習いたいよ!orz
by: 蒼焔@ * 2009/04/14 07:35 * URL [ 編集] | page top↑


こんにちは!!
訪問ありがとうございます。

私も、いつもネタが無いくせに、とりあえず文字をカチャカチャ打って、なんとか記事を載せているのです・・・・・
ここのブログは、何だか目の前でお喋りしている様な、親近感がわくブログでした!!

また、お暇な時には私の方にも遊びに来てくださいな。
by: 緋福達磨 * 2009/04/14 07:39 * URL [ 編集] | page top↑


>蒼焔@さん

私のトコは乾いた温かいタオルで拭いてくれる美容院が多いんですけど、
その温かさが耳を拭いてくれる時凄く気持ちいいんですよね。
その後頭を拭き直さなければ…。

コメントの後半…褒めてくださり恐縮なのですが、
やっぱりネタがない感を漂わせまくった日記になってますよ。
うまい言い回しが思いつかないというか。

ただ、書く内容としては凄い引篭もりでない以上、
書く事がゼロの日なんてないと思いますよ。
それがあまりにも普通の事で書く意味がないと感じてるのかもしれませんが、
平凡な日常すらブログでネタに変える力が欲しいですね。


>緋福達磨さん

はじめましてこんにちは!
私はこっそりと見てただけですのに、コメント頂いてしまってすいません。
お互いブロガーとしてネタがない日は大変ですよね。
完璧にブログ依存症です(笑)

なるべく自然に文章を読んでもらうにはどうしたら…と考えているうちに
こんな文章のブログになってしまいました。
過去の日記はもっと堅苦しい感じなんですけどね。

後ほど、そちらに改めて伺います…★
by: D-3 * 2009/04/14 14:24 * URL [ 編集] | page top↑


訪問ありがとうございます。

耳拭いたタオルで
また頭拭きますよね、確かに。
気にしてなかったけど
これ読んで思い出しました。

もしかしたら
耳に入った水で
耳垢が流れ落ちた
とでも思っているんじゃないでしょうか?
by: sentien * 2009/04/15 00:36 * URL [ 編集] | page top↑


>sentienさん

はじめまして★
こちらこそお越しくださりありがとうございます&コメントまで頂いてしまってすいません><

やはりsentienさんも美容院の店員の奇行に思い当たる節がありましたか…!
私も今までずーっと気付かなかったんですが、
ふとした時に気付いてしまったんですよね。
あれれーそれ耳拭いたトコですけどー?って(笑)

確かに耳に入った水で多少綺麗になってるかもしれませんが、
耳垢ってそんな簡単には取れないですよね。
友人に美容院で働いている人がいるので今度聞いてみようと思ってます★
by: D-3 * 2009/04/15 23:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tanideiutofuka.blog64.fc2.com/tb.php/207-5b72a2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |