スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
雑記 第97話:【物理】静摩擦【トライボロジー】
2009 / 03 / 25 ( Wed )
こんばんは、Dです。


どういう訳かここ最近のヒットが普段と比べるとかなり増えてまして、
何が何やらさっぱりわからないものの、
大勢の方に見て頂けてると勝手に思い込み、凄く嬉しく感じています。
ありがとうございます。
今すぐにでも極端に薄い衣類に着替え、踊りだしたいくらいです。
ありがとうございます。


ただ、それと引き換えに、と言ってはなんですが、
書いてる記事が記事なダケに恥ずかしくなってきました。
あと、多分今日あたりはもう普通のヒット数に戻っていると思います。
どういたしまして。


まったく、誰もこんな不気味なブログを書いてる人なんかと
好き好んで仲良くしようだなんて思うんですかね?
どちらかというと、同情に近い感情で、
謂わばボランティア精神で見てくださってるのですよね?
なんか読み直すと気味悪い日記とかあるし。


なので、今日はそれを挽回するために真面目な記事を書こうと思います。


もちろん「故意に」ではありません。
自然体で今日のブログを書く予定です。
要は素で書くという事です。


見てろよお前等!




















追記です。
今日はタイトル通り物理学について書こうと思います。


我ながらいきなり冒頭からかなりの真面目っぷりを放出したと思いますが、
何故唐突に物理なのか、と言いますれば、
その理由は「今日学んだから★」に他なりません。


これ程単純明快な答えはないのではないでしょうか。
即ち、「その答えを導き出した私は天才」という事になります。
はい。


さて、それでは本題に入ります。


今現在、私は何気に社会人をエンジョイしている
ベリープリチエスト(プリチーの最上級:可愛さを恣にしている人の事)なのですが、
本日、そんな私の身体にとんでもない異変が起きました。
(プリチエストの説明はいらない気もしますが、折角書いたので残しておきます)


私の仕事はデスクワークが多く、
基本的には下の絵のように座って仕事をしているのですが…。


00631.jpg
こんな感じで、優雅に、そして麗しく。


そんないつもと変わらない日常を送っていただけだというのに、
突如身体に異変(四肢の痺れ)が起きたのです。


しかし、実はこの態勢、優雅である分若干の無理をしていまして、
これは下図のような応力の関係となっています。


00632.jpg
物理(分野はトライボロジー)ですよ。


何故か質量のトコだけ記号を右に書いてしまいましたが、
それはご愛嬌です。
また、「N=f」の関係が成り立っています。
そうでないとずり落ちてしまう事くらいわかりますよね?


でも、今あなたは、
「だから何だ?」と思いませんでしたか?
「俺そんなのに興味ねーよ?」と思いませんでしたか?


ふん、甘いな。
甘すぎてどうしようもないですね。
正直、あなたの意見などどうでもいいのです。


話を続けますけれども、
ずり落ちないようにしているという事は、


00633.jpg
私の下着にも若干の無理を強いているという事です。


アレ?


うーん、ちょっと下着の絵が優雅ではありませんね。
描き直します。


で、ずり落ちないようにしているという事は、


00634.jpg
私の下着にも若干の無理を強いているという事です。


レース(lace)。


あ、今「もうちょっとまともな絵を描けよ!」と思いました?
絶対思いましたよね?


あのね、別にワザと下手に描いてる訳じゃないの。
本気で描いてこのレベルって訳でもないの。


まともに描くくらい訳ないんですよ?
いや、ホント。


でもね、本気で描いたらすっげー生々しくなっちゃったの。
全年齢対象のDの人にふさわしくない絵になっちゃったの。
なんか立体感あるし。
だから、載せるのを迷ってるんです…。


ほら、


00635.jpg
ね?なんかエロいでしょ?


おっと、話が反れました。


改めて「私の下着に無理を強いている」、
という事の意味を一応説明しておくと、
イスからずり落ちそうになるのをこらえる事によって発生する摩擦力が
直接私の下着に襲いかかっている、という事であります。


簡単に申し上げますと、
「もうこれ以上上には穿けないよ!」という状態なのにも関わらず、
更に下着を上へ上へと押し上げようとする力が私を蹂躙している、
という事です。


ヤバイヤバイ。
食い込む。


00636.jpg
こんな感じで(く、くるしい!)。


そうなりますと、これは非常にマズイですよね?
わかりますよね?


何故なら、この上に持ち上がろうとする力は私の股にかかるからです。
ダイレクトに。


00637.jpg
こんな感じで。


そりゃ血流も止まるわ。
座ってるだけなのに足が痺れますわ。
あと、手をずっとついてた所為か手も痺れますわ。


やっべ、私凄い考察してる。
やっぱり天才(な上に可愛い)。


以上、本日の物理は、
「下着の静摩擦によって発生する股の締め付けと血流の関係」でした。


次回は航空宇宙学から、
「I can fly!」をお送りする予定です。


ところで、私以外にも下着で血流止めた事がある人っているんでしょうか?
不安です。
私がふくよかだという事なのでしょうか?
不安です。
特に痩せている人からのフォロー、お待ちしております。


本格的にさようなら。
23 : 59 : 59 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<雑記 第98話:【謎の】ローカルルール【規則】 | ホーム | 雑記 第96話:【心の】メッセ【繋がり】>>
コメント


はじめまして・・・ではないですが(´ω`*)
最近また来てますw
表現に吹くw
by: 蒼焔@ * 2009/03/26 11:42 * URL [ 編集] | page top↑


ノーパン最強説。
by: 魔法使い * 2009/03/26 13:14 * URL [ 編集] | page top↑


相変わらずの変t……
まじめな記事だね!!
by: エンヴィ * 2009/03/26 14:38 * URL [ 編集] | page top↑


学校のテストの答案に書いてみます
by: 水波形 * 2009/03/26 16:44 * URL [ 編集] | page top↑


コメントしずらっ!!(爆笑)
by: ヨーグルト * 2009/03/26 19:01 * URL [ 編集] | page top↑


僕も痩せ型ですけど、パンツが食い込んで血流が滞った経験は記憶に無いです。
ぱっつんぱっつんのパンツをお穿きなのでは!?
by: かめとと * 2009/03/26 21:58 * URL [ 編集] | page top↑


>蒼焔@さん

お久しぶりです。
また見に来てくださりありがとうございます。
楽しんでもらえて何よりです。
これからも愛に飢えた時などに覗いてみてはいかがかと思います。


>まほうつかいさん

血流を止めない方法は最早それしかありませんね。
では、ノーパンで行ってきます。
止めないでください。


>えんびー

真面目に考察しすぎてしまい、
普段の私からは想像できない姿をお見せできたかと思います。
こういうギャップが魅力に繋がるのではないかと
今から胸を躍らせて今後を期待する事とします。


>水波形さん

おそらく答案にこれを書けば、運がよくても×、
最悪の場合、職員室の中でかわいそうな子だと噂されると思います。
ですが、一歩踏み出す事が重要でして、
「これは一人の人間としてはほんの小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である。」
とかカッコつけてみてはいかがでしょうか。


>ヨーグルトさん

コメントしずらいという事は、あくまで私の想像の域を出ませんが、
物理が苦手だったという理解でよろしいですよね。
それ以外の理由ですと、どうにもこうにも私の書いた文章に
問題があるというストーリーしか思い浮かばないのですが、
そうではないと思うんですよね。

そうではないと思うんですよね?


>かめととセンパイ

痩せ型の方からのコメントキター!と思ったのに、
なんなんですか、なんなんですかこれは!
血流が滞った経験がないですって…?
もしやトランクスのような股のところが
フリーになっている下着をお使いでは!?

私はぱっつんぱっつんではないと思うのですが、
比較的密着型のタイプを使用しています…。
by: D-3 * 2009/03/27 08:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tanideiutofuka.blog64.fc2.com/tb.php/188-06a46f85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。