エビ日記 第3話:これはエビ日記ですo
2009 / 02 / 07 ( Sat )
こんばんは、Dです。


このエビ水槽を立ち上げてから早1週間、
今日ボクはメインとなるレッドビーシュリンプを買ってきました。


00507.jpg
へあっ!!!


ちなみに、


00508.jpg
レッドビーシュリンプってのはこんな色合いのエビです(スペシャルサンクス:F画伯)。


…。


あーあ、買ってきちゃった…(笑)


もしプロフェッショナルな方々に今日の記事を見られたら、
確実に「1週間でレッドビーシュリンプ入れるとは何事じゃ!!」と言われそうです。


でもいいんだ。
きっと大丈夫だから。
おほほ。


水と濾過材をメイン水槽から持ってきましたからね★
実際、メイン水槽を立ち上げた時は水がクリアになるまで3週間かかりましたが、
今度は1週間でクリアになってます。


さすがはボク(の水槽にいるバクテリア)。


うん、でもやっぱりまだ甘いとは思いますよ。


ただ、我慢できなかったんだ…。


さて、まだエビちゃんは水温を合わせてますから放置中なんですが、
そうなると暇になるじゃないですか。
このドキドキワクワクした気持ちを何処かにぶつけたいじゃないですか。
そりゃ、「じゃー他に何しよっかねー?」って気分にもなりますよね。


なので、今日は石にウィローモスを巻こうと思います。
(考えた結果、割と地味な作業になりました…)


用意したのはこちら!


00509.jpg
どどーん!!


今日のバケツは台所用品だよwwwwwwwwwwwwwwww
もう食器は入れられないwwwwwwwwwwwwwwwwww
台所用品としての寿命がきましたwwwwwwwwwwwwwwww
だってwwwwwwwねwwwwwwwww
お察しwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


ふぅ(急に真顔)。


ここで準備したのは、
「ウィローモス」、「ADAモスコットン」、そして「リシアストーン」です。


あれ!?


リシア…?


それウィローモス用やないwwwwwwwwwwwwwww
リシア用やwwwwwwwwwwwww
大丈夫かwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


ま、まあいい…。
買ってしまったものはしょうがない…。


(仕方ないので)早速ウィローモスリシアストーンに巻きつけてみようと思います。


00510.jpg
まずは小さくちぎったモスを用意します。


あんまりでかすぎるとダメです。
下の部分に光が当たらず速攻枯れます。
そうなると、折角巻きつけてもゴミ化しちゃいます。


00511.jpg
続いて、適当にちぎったモスを石の上に乗せ、


00512.jpg
モスコットンでぐるぐる巻きにします。


これは勘で巻けばいいのですが、
せめて芽が伸びる隙間くらいは作りましょう★
ミイラ男みたいにしたら枯れますよwwwwwwww


で…今回ボクが使った糸なんですけどね…?


これ放っておくと自然に溶けるヤツなんwwwwwwwwwwww
(ちゃんとモスが石に吸着すれば)溶けてしまった方が見栄えは良くなりますwwwwwwwww
ちゃんと(リシアじゃなく)モスが石に張り付いてくれればなwwwwwwwwwwwwww


まあこの作業は凄く簡単なので、
糸を結ぶ事ができる人なら誰でもできると思います。
頑張れ、ボク。
(最初にやったのは糸が短すぎて結べなかった)


こうして2つの石付きウィローモスが完成しました。
めっちゃ簡単でしたね、コレ(糸が長ければ)。
ですので、さっさと水槽に入れます。


!??


00513.jpg
うわー…。


なんかだせぇ…




















追記です。


レッドビーシュリンプを買ってきたのは良いのですが、
水温合わせの後、石付きウィローモスを水槽に沈めたり、テレビを見たり、
シャワーを浴びたり、お茶を飲んだりしていたら、
気付いた時には既に1時間が経過していました。


となれば、次の作業は水合わせですね!


00514.jpg
今日もどっかから拾ってきた発泡スチロールを使います。


でも、いつもと違う兵器が搭載されているんだぜ!!
コレを見よっ!!


00515.jpg
金属製のコックみたいなモノでーす。


これを使えば水合わせ時に移す水の水量を自在にコントロールする事ができるッ!
しかも48円!安いぜ!!!


では、水合わせ開始~…。


といっても、この作業は当分終わらないので
今日の記事ではエビを水槽に入れるトコまでいきませんwwwww
ざまぁwwwwwww
明日の記事に書きますwwwwwwwww


ところで、今回エビを買ってきた訳ですから、当然餌も買ってきたんですよね。


00516.jpg
コレなんですけど。


で、これを暫く眺めてたらどーしても抑えられない衝動がボクを襲ったんです。
「コレ、飼ってるミナミヌマエビに食わせたらどーなっかな?」
って。


じゃ、投入~★
(当然試すべきだし!!)


!??


ぎゃぁぁぁぁ!?


00517.jpg
なんぞこれwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


集まりすぎwwwwwwww
きめぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


00518.jpg
メタボ乙wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
23 : 59 : 59 | レッドビーシュリンプ飼育 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<エビ日記 第4話:レッドビーシュリンプ投入★ | ホーム | DTM 第16話:【midi】悪魔城ドラキュラより「Dwelling of Doom」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tanideiutofuka.blog64.fc2.com/tb.php/142-d0392abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |