スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
雑記 第917話:天体撮影まとめ
2011 / 11 / 04 ( Fri )
こんばんは、Dです。


レンズが~天体が~と騒いでいた今日この頃でしたが、
結局色々調べてみた結果をまとめようと思います。


結論:
誰かレンズを貢いでください。
できれば、本体ごとおニューにしたいんでよろしく。
あ!赤道儀も望遠鏡も忘れずにね!
もちろん、性能重視!一番いいやつにしてよね★

じゃ、全部あわせると1000万くらいになると思うからささっと用意しておくれ!


と偽dさんが言っていましたが、
本当の結果はコチラです。


まず大前提ですけど、
天体を撮るには真っ暗でかつ空気が澄んでいるところ(例えば標高が高い)に
行かなければいけませんので、交通機関や足を使わなければいけません。
これは絶対です。
また、月以外の天体を撮る場合は新月時がベストです。
暗いからね。


という前提があった上で、じゃあ何が撮りたいのか、という話になります。
何が撮りたいか次第でマジで全然話が違う事になります。
かかるお金が変わりまくるという事です。


それを追記にまとめます。




















まず一番お金がかからない方法から。
どんどんお金がかかる方法になっていきますよ★


①カメラ+レンズ+三脚のみ

カメラの値段にもよりますが、一眼レフがやっぱいいんじゃないでしょうか。
天体だけならキャノンのEOSがお勧め~とよく言われますので、
これからする人はそれで間違いないんじゃないですかね?
約10万!

次はレンズですけど、ピンキリなので値段は書きようがありませんが、
三脚だけしか使わないというパターンでしたら、
広角~60mm(さそり座が全部入る画角くらい)のレンズがあればいいんじゃないでしょうか。
標準レンズでも17mm~とかがあった気がするので。
もちろんF値が明るいやつがあればそれにこした事はないです。
お値段は、一眼についてるセットのものならゼロ。
広角20mmF2.8あたりで6~7万くらいでしょうか。
(天体撮影用レンズのベンチマークとかしてるサイトさんがあるからそこを見て決めたらいい!)

なお、三脚は頑丈なのがいいです。
風で揺れるようなのはNG!
1つ上のスペックの三脚がいいんじゃないでしょうか。
とりあえず1~2万でよいと思います。

この時点で合計20万コースというのには驚きですね。


②カメラ+レンズ+三脚+カメラ改造(IR改造)

あまりよくわからんのですが、赤外域も取れるようにカメラを改造する。
図鑑とかに載ってる赤がしっかり写ってる星雲なんかは
余裕でカメラを改造しています。
ただ、普通の写真は撮れなくなるので星専用カメラになっちゃいます。
+約50,000


③カメラ+レンズ+三脚+赤道儀(+極軸望遠鏡+モーター等)

ここからが謎の世界。
選ぶ設備で全然値段が変わって気が狂う世界。
①の20万コースにさらに倍率ドン!かと思います。

ただ、小さいポータブル赤道儀というのだと5万円くらいでありますので
最初はそれでいいんじゃない?ってなモンです。
ただし、5分未満の撮影までしか耐えられない(精度が悪いから)らしい。

ざっと30万コース?


④望遠鏡とかもつけちゃうよ!

知らねえ!
撮影もするんなら100万円~でないの!


以上終わり!
私はカメラは改造せずに③の最安価パターンでそろえようと思います。
23 : 56 : 31 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雑記 第918話:壊れた | ホーム | 雑記 第916話:レンズが大好き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tanideiutofuka.blog64.fc2.com/tb.php/1152-76257bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。