スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
雑記 第875話:考える人
2011 / 09 / 20 ( Tue )
こんばんは、Dです。


今日は何か色々仕事で考えさせられた日だったので、
まさにロダンの「考える人」(彫刻のやつね)みたいな格好で半日は過ごしました。


さて、その「考える人」なんですけど、
このブログをご覧になられている方ならほぼ全員が知ってる彫刻かと思います。
超有名ですもんね。


でも、その「考える人」が何を考えているかまで知っている人はいますか?
これが結構少ないのよね~。
私も正確にはよくわからんのですが。


という訳で、その答えなんですが、
ちょっと背景が長い。


もともと、この「考える人」はダンテ「神曲」の「地獄篇」からとられている彫刻ですが、
この「神曲」というのはご存知の通り「地獄篇」、「煉獄篇」、「天国篇」とあり、
確か主人公(つかダンテ)が森に迷い込んだ時に出会った詩人から、
元の場所に戻るには地獄、煉獄、天国を経由しないと戻れないよーと言われ、
その戻る道中の物語になります。
物語っつーか歌になってんですけど。


んで、その「考える人」がどこに出てくるかというと、
上記の通り、「地獄篇」です。
これは地獄に堕ちる人たちをダンテが眺めている姿なんです。
(と、言われている)


じゃあ何を考えているかというと…。
「なんでアイツ地獄に堕ちたんだろ?」です。
とってもシンプル。


ロダンはその姿を「地獄の門」という彫刻を作成する際に最重要部分としたため、
後々その「考える人」の部分だけの彫刻もできました、という事でござりんす。


こういう話も面白くて好きなんですよね。
バカばっかやってる私ですけど。




















でも、他にもそういう面白い話ってあるよねー。


クフ王はピラミッド建造の費用が最終的に足りなくなった時、娘に売春させた、とか。


最後にこれ、嘘だと思うケドくっそワロタ。


キリストが街を歩いていると、群衆が女に石を投げていてた。
キリストが群衆の1人に『何故石を女に投げているのか』と尋ねると、
その者が『女は罪人だからだ』と答えた。
それを聞いたキリストが群衆に向かって
『それでは今まで誰も罪を犯したことのない者だけが石を投げよ』と群衆に言った。
群衆は反省して一人、また一人と去っていき、
最後に石を投げているのはキリストだけとなった。


あ、後ね、歴史のゴロ合わせで面白いの教えてあげよう。
無事故(645)の子作り大化の改新。


お後が宜しいようで。
23 : 28 : 23 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<雑記 第876話:台風ヤバイ | ホーム | 雑記 第874話:浮気?>>
コメント


ロダンの話は知ってたけどすっかり忘れてた

ちょっと面白いんで
うちのブログネタにしようwww
by: にはぁ * 2011/09/22 09:39 * URL [ 編集] | page top↑


>には

おー?!
いいねいいね、そのネタ読ませてもらうぜー!!!

あとあとブログリンクしようよー。
ツイッターからしかいけねーんだよーww
by: D-3 * 2011/09/22 09:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tanideiutofuka.blog64.fc2.com/tb.php/1107-c8639421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。