スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
雑記 第793話:仕事の鬼
2011 / 06 / 23 ( Thu )
こんばんは、Dです。


仕事の鬼というか、仕事の虫と書いた方が無難なのかもしれませんが、
とにかく悪鬼の如く仕事をしているDさんが今宵もやってまいりました。
悪鬼だけど見た目はかわいいと思うよ。
牙とか鋭利な爪とか。


さて、最近めっきり書くネタがなくなってきたので
そろそろ閉鎖…とは考えてないんですが、
改善すべく生きる意味(ブログのネタ)を探しに外に飛び出して生きたいと思っています。
この発言を見るだけで私がポジティブ人間だという事を理解頂けるかと思います。
雨の日は薄い衣類に着替えて雨に打たれながら踊りだしたいくらいのポジティブさです。


その所為もあってか、今日は凄くお腹が痛くて別の何か…おそらくうんこ的なものだとは思うのですが、
そいつらが飛び出したがっていたので凄く困りました。
危うく通勤バスの中で飛び出て行くとこだった。
ポジティブすぎて抑えきれなくなるところだった。


ですが、そこは何とか私のネゴシエーションをもって鎮火というか
まあ今出るのはお互いのメリットにならないという事を理解してもらい
思いとどまってもらいました。
本当によかった。
2度と出勤できなくなるところだった。


しかし、しかしですよ。


そんな時に限って満杯なわが社のトイレ。
そして迫り来る第2波。


こんな時、人は神様に祈るかごめんなさいと心の中で叫ぶ事しかできません。
私もその例に漏れずずっと誰かに(うんこに)謝ってました。


結果的にトイレが空いたので助かりましたが
あと5分遅れたら死んでたと思います。


こんな悲しい思いを私だけがするのはイヤなので
お前等もなればいいと思うよ。




















さて、追記です。
こんな事ばっかり書いていると私が男であるという疑いが生まれるかと思うのですが、
そんなのはもう馴れっこ。
むしろ性別なんてどうでもいいと思う。
攻めでも受けでも何でもござれってやつです。


でもDさんどっちかっていうと受けなんですよねー。
Sと思われがちなんですが、Mです。
「ど」はつきませんが、Mです。


ですが、このサディズムとマゾヒズムという括りは非常にグレーでして、
例えばMの人2人がお付き合いをした場合、
この2人のうち、少しでもSな方がSとなってしまうという不思議な現象が起きます。
いや、不思議でもないんですが。


私はそういった経験を経て、どちらもイケます!というステキなスキルを身につけたんですが、
やっぱり本性はM。
弄られたい。
弄ってるとどうも罪悪感を抱いてしまうというか、申し訳ない気持ちになってしまうんです。
これは真性のSではないという事を裏付ける重要な証拠なんですが、
わかってもらえない。
誰にもわかってもらえない!


くれぐれも書いておきますが、私はM女です。


と書くとAVっぽくなるって話。
23 : 26 : 53 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<雑記 第794話:今夜は | ホーム | 雑記 第792話:スゴクアツイ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tanideiutofuka.blog64.fc2.com/tb.php/1016-fa2ee362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。